ホーム > 特徴 > 他システム連携

他システム連携

ディスプレイ単位だけでなく複数のディスプレイを一括して管理・設定することが可能に。さらには、番組単位で出力先を設定できるので、ロケーションに応じた情報や共通情報も自由に配信できます。

既存教務システム

既存教務システム。

既に運用されている既存の教務システムとの連携が可能です。
複数の教務システムとの連携実績がございますので、現在の運用を変えることなくお知らせ、学生呼出、休講・補講・教室変更情報等学生に伝えたい情報が自動で掲示可能です。
教務システムのデータが更新されると表示にもリアルタイムで反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
連携方法としては、教務システム内のデータベースへの直接連携もしくは共有フォルダ経由のCSVデータ連携が可能です。
※教務システム内のデータベースへの直接連携に関しては教務システムメーカー様からのデータ情報開示が必要です。

CSV連携

CSV連携。

既に運用されている既存の各種システム(教務システム・施設予約システム等)から掲示対象情報をCSV出力していただくことで、手間をかけず簡単に表示を行うことが可能です。
既存システムからデータ作成時や更新時にCSVファイルを作成していただくことで、表示データの作成及び更新が自動で行えます。
取り込む時間等は柔軟に設定ができますので、お客様のご要望に応じた連携が行えます。

MASISとの連携。

MASISとの連携。

キャンパスインフォメーションシステム [ MASIS ] と連携をすることにより、MASIS上で管理しているお知らせ、学生呼出、休講・補講・教室変更情報等学生に伝えたい情報が自動で掲示可能です。
MASISで必要な情報を登録・更新することにより、リアルタイムで表示に反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
※キャンパスインフォメーションシステム [ MASIS(メイシス) ]は、大学様向けの休講・補講、学生呼び出しや各種お知らせ情報などをweb上で操作閲覧し、さらに大型モニターなどへ自動掲示する総合的なキャンパス情報活用ツールとして株式会社プランニングが開発した製品です。

御案内一丁との連携。

御案内一丁との連携。

催し物案内掲示システム [ 御案内一丁 ] と連携をすることにより、施設の予約状況に基づいた催し物総合案内(全館・階別案内)や部屋前表示案内等どの施設で何が行われているかをお客様にお知らせすることが可能です。
御案内一丁で必要な情報を登録・更新することにより、リアルタイムで表示に反映されるので別途表示用のデータを入力したり編集したりする必要はありません。
※施設予約システム [ 御案内一丁 ]は、宴会場や会議室などを日々簡単に予約の業務を行うだけで大型モニターなどへ自動掲示する予約情報活用ツールとして株式会社プランニングが開発した製品です。

ページトップへ