ホーム > デジタルサイネージとは?

可能性は無限大。

屋外や交通機関、店頭、公共施設などで大型ディスプレイに流れるCMをご覧になったことはありませんか?このような公共施設や店頭などに設置されたディスプレイに映像や情報を表示する仕組みをデジタルサイネージ(電子看板)と言い、新しい広告媒体として今、注目されています。


効果的な情報をタイムリーに配信。

効果的な情報をタイムリーに配信。

デジタルサイネージの一番の特徴は、「時間」や「場所」に応じた的確な情報発信ができる点です。
例えば、駅構内に設置してあるデジタルサイネージを例にとると、朝の通勤時間帯はサラリーマン向けにニュースやお天気、もしくはゴルフ場や旅行などの広告を表示し、お昼時には主婦や高齢者などを対象とした飲食店やデパ地下などの広告を表示することができます。
時間や場所に応じて的確にターゲットを絞ることで、より効果的な情報を発信できる広告ツール、今まであったでしょうか?

最高のコストパフォーマンス。

最高のコストパフォーマンス。

従来のポスターなどの紙媒体や看板では、デザイン、作成、設置、張り替えなど、多くの手間やコストを必要としていました。
デジタルサイネージでは情報配信をPCで行うため、そういったコストは必要ありません。
そのうえ従来のポスターなどと違い動画や音声などが配信可能な為、今まで以上の広告効果が期待できます。

複数ディスプレイを一括管理。

複数ディスプレイを一括管理。

デジタルサイネージでは各ディスプレイの管理を一括して行うことができます。今、どこに、どのコンテンツが配信されているか一目で確認できるので配信ミスもなくなります。
さらに、緊急情報などの配信が求められたときも一括管理だからすぐに対応することができるのです。

ページトップへ